宅配 食事お取り寄せ

ワンマイルで介護施設の食の問題と向き合おう

介護施設を運営する上で、重要なものの一つとして食事があります。

 

 

余生を過ごすからこそいい加減な物を提供するのではなく、健康を考慮したおいしくて食べる事で生きがいを持つような食卓こそがとても重要だと思います。

 

 

大きな介護施設ならば自前の料理施設がありますが、小さな介護施設だとこうした食の問題は日々付きまとう話だと思います。

 

 

特にいわれているのが、サルコペニアという問題で、これは低栄養によって筋肉が減少するという事です。

 

 

これによって、生きる気力を失い脳の低下にも繋がりかねません。

 

 

つまり栄養のあるものを出しても、まずかったりマンネリが続けば食べるのをやめるという可能性も考慮したいところですね。

 

 

そこでお勧めするのが、ワンマイルの健幸ディナーなのです。

 

 

これにはいくつかこだわりがあって、おいしさとバランスを両立させている点です。

 

 

専属の栄養士が1食あたり平均400KCal・塩分3.5g以下に抑えました。

 

 

そのうえで料理の匠の近藤氏が直接指導して、惣菜専門会社で作りたてのものを急速冷凍して作っています。

 

 

内容も、煮物や焼き物や、炒め物などバランスが取れた献立を採用しているのです。

 

 

また素材も厳選したものを使用しており、出汁も天然出汁を使って料理している点も見逃せません。

 

 

合成着色料や合成保存料は使っておらず、野菜は国産の、大阪泉佐野4Hクラブの生産を併用して、魚も新鮮なものを仕入れて使っているのです。

 

多くのテレビやラジオで話題のおかずセットを販売しています。

こうしたものを個食パックで、急速冷凍しているので一番おいしい状態をいつでも召し上がる事が可能になります。

 

 

また、冷凍の際に真空パックにするので、真空圧で出汁がしみこみやすいのもいい点です。

 

 

なぜならば、これによって旨味を最大限に発揮でき調味料を抑える事が出来るので健康にもいいからです。

 

 

勿論メニューも和食だけではありません。

 

 

和洋中とバランスのいいものがあって、飽きが来ません。

 

 

前述の様に、個食パックですから選んで食べる事も可能ですから、余らせることはなく、無駄がなく経済的なので仕事をする上でも経営をする観点で考えても頼もしいのではないのでしょうか。

 

 

高齢者にとって、食事というのは一番の楽しみと言っても過言ではありません。

 

 

ワンマイルの食事をとればこうした楽しみを心から楽しむ事が出来るので、とても楽しい老後が送れることでしょう。

 

 

そうすれば、きっと介護施設の運営もうまくいくと思います。

 

 

さあ、老人の方と一緒に頑張っていきましょう。